<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日、一泊二日で東京に行って来ました。
何をしに行ったかというと、
知り合いの作家さんの個展を二件見に行って来ました。
一日目は、ガラス作家の波多野さんの初個展。
初個展といえども、元々10年以上も陶芸をされていた方なので、あくまでもガラス作家としては初ということ。
a0203618_3302523.jpg
写真右の方が波多野さん。


陶歴が長いのもあり、形をとるのがとても上手いなぁと、作品を見る度に思います。
a0203618_3302577.jpg
「わぁ、キレーイ。。。」とリアルにTweetしてしまいます。

ちょうど、そのギャラリーは奥が工房になっていて、作業風景も見学させてもらいました。耳では聞いていたけれど、実際どんなふうに作られているか見たことがなかったので、来てよかったなーとつくづく思いました。「やってみたい。。。」とウズウズしていたのは秘密です。
a0203618_3302697.jpg
ガラスと木。素材は違えど、同じ器を作る者として、勉強になりました。ありがとうございました。

帰り際にギャラリーの外でスカイツリーが見えました。雲がかかっていて、面白い絵が撮れました。
a0203618_3302775.jpg

[PR]
by kojika-lab | 2012-06-15 03:05 | 日々
工芸綯交(ないまぜ)十人展が来週の火曜から日曜まで開催されます。
a0203618_23541411.jpg

今回の十人展。京都伝統工芸専門学校(TASK)出身の5分野10人です。

木工、陶芸、漆芸、金工、竹工。多分野の工芸コースのあるTASKだからこそ出来るグループ展。普段見る機会のない他分野の工芸の素晴らしい作品をご覧いただけると思います。
いつもの僕の雰囲気とは一味違った展示会になるでしょう。
ということで、普段とは違う出会いもできるのではないかと楽しみにしております。ご興味、お時間ある方はぜひぜひお越しくださいまし。
僕は、16日(土)と17日(日)は在廊予定です。

「工芸綯交(ないまぜ)十人展」
漆:東井 美紗子、前田 怜美
陶芸:守崎 正洋、武田 公美
竹工:細川 秀章、竹工房ゆうすい
金工:伊庭 拓也、大上 浩司
木工:尾崎 祥太郎、小塚 晋哉

場所:くらふと・ギャラリー 集(しゅう)
     〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町680-3
     HP:http://www.ac-n.com/
会期:2012.6.12(火)-6.17(日) 11:00-19:00(最終日は17:00まで)
――――――――――――――――――――――――――――――
こじか木工室 小塚晋哉
工房:〒616-8276  京都市右京区梅ヶ畑清水町28
自宅:〒606-8397  京都市左京区聖護院川原町11-18
E-Mail:kojika-lab☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)
――――――――――――――――――――――――――――――
[PR]
by kojika-lab | 2012-06-09 00:19 | 展示
2日と3日の2日間、テノナル工藝百職にて、アンティーク風小箱作りのワークショップを開催しました。
いつものバターケース作りや、カトラリー作りとは趣向を変え、一からモノを作るのではなく、既成のモノをアレンジするというモノ。
100円ショップで買ってきた木箱を、古びた風合いを出すために、ワザと傷や凹みなどをつけ、茶系の深みのある塗装を施す。
普段ではあり得ない、ダメージを与えるという作業。参加者の皆さんは、大胆にバリバリと小刀や彫刻刀で削る人もいれば、なかなか思い切れない方も。でも、どなたの作品もそれぞれですが、アンティークの風合いになっていました。
これがキッカケで興味をもっと深めてもらえたらとおもいます。大変好評いただけたようで、今後もこのシリーズを開催していきたいなと思っております。
[PR]
by kojika-lab | 2012-06-04 23:29 | 体験
今年のクラフトフェアまつもとでは、
専門学校時代の先輩の小林達也さんも出展してました。
小林さんは学校を卒業してからは、飛騨のオークヴィレッジに勤めていて、今は故郷の京都に戻り城陽の方で仕事をされています。
a0203618_6303123.jpg
作品は、漆塗りのお皿を中心に制作されています。特に今は、豆皿に力をいれているようです。
千鳥や扇型など、和のモチーフのものが多いですね。
a0203618_6303185.jpg
可愛らしい形ですが、使い勝手などをとても研究されていて、また色漆もあまり見かけない浅葱色なども使われたりと、色味が豊かなのがまた魅力。僕も真似したいくらいですね。
a0203618_6303258.jpg
オイル仕上げも好きですが、色味が一辺倒になってしまうのがどうにも。。。その点、色漆を使うと赤や黒、白などカラーバリエーションが増えるので、食卓も華やかになっていいですね。
僕は今年はダメでしたが、また来年チャレンジ!出展できるように、日々精進!!ガンバロ。
[PR]
by kojika-lab | 2012-06-03 04:34 | 日々